美容専門デザイン会社の実践ノウハウ

チラシで勝つ!!

実績から学んだ

6つのPOINT

創業35年、年間1,000件の確かな実績

チラシ作りを続けて35年の制作実績で培った
実績と新しい発想で見せるの裏側をご紹介いたします。

美容専門デザイン会社の実践ノウハウ

チラシで勝つ!!

実績から学んだ

6つのPOINT

創業35年、年間1,000件の確かな実績

チラシ作りを続けて35年の制作実績で培った
実績と新しい発想で見せるの裏側をご紹介いたします。

「いまの不景気、チラシうっても効果がないし…。」

いいえ、ちょっと違います。 不景気のなか【他店と同じマンネリチラシ】を打ち続けては効果がないんです。
不景気でも、いやむしろ不景気こそ、キラリと光る知恵あるチラシには、客足も自ずと集まるというもの。
ではどんなチラシなら効果があるのか ? ここで1つ、あなたのチラシセンスを試してみましょう。

チラシ診断テスト

Q1.どちらのサロンに行きたくなりますか?

チラシ診断テスト

Q1.どちらのサロンに行きたくなりますか?

いかがでしたか ? ほとんどの方が「パッと見て、何となく・・・」、 だけど必ずBのサロンを選ぶでしょう ? え? 問題が簡単すぎる? 違うんです。
実は商品も価格も同じなのに、なんとなくB店に行きたくなる―、そこがポイントです。

チラシの勝負は、0.2秒。

並居る競合チラシの中から「こっちに行こう」と思わせてこそ、初めてモノは売れるんです。
売らんばかりにアレもコレもと欲張る前に、まずは「来てもらうための」チラシを作る。

折込チラシとは「売るためではなく呼び込むために」作るんです。

じゃあ、どうやって呼び込むの?

さぁここからが、チラシづくりの腕とセンスの見せどころ。
チラシ力 診断テスト、第2問 ! 勝てるチラシをつくるための【 実践力 】を測ってみましょう。

チラシ診断テスト

Q2.チラシBの勝ちポイントを6つ明確に説明せよ!

チラシ診断テスト

Q2.チラシBの勝ちポイントを6つ説明せよ!

さぁ、あなたはいくつ「明確に」説明できましたか ?
「なんとなくココがいい」ではダメなんです。なんとなくでは、たまに勝っても負けるんです。

勝てるチラシには、理にかなった工夫がある。

「○○の工夫が△△につながる」と理論が解れば、あとはデザイン精度をあげるのみ !

大切なのはデザインそのものではなく、その基となる理論とワザ。

それではここで、チラシ勝率をググッと上げる【プロの勝ちワザ 】 をご披露しましょう。

プロが教える

6つのPOINT

チラシのターゲットを絞る! チラシを作り始める前に抑えておくべき重要ポイントは 【 ターゲット(目的内容) 】をハッキリ持つことです。「誰に何を、どんな風に訴えるのか」を明確にすることで、チラシのデザイン、方向性、メニューの選定の強弱など、チラシの軸が決めていきます。 ターゲットの年代層は? 価格訴求か、イベント訴求か ? 内容目的がはっきりしてこそ、まっすぐ届くはずは基礎をしっかり決めることです。
来てもらうチラシにする! よくサロンチラシを作成するにあたり、サロンの全てをチラシに反映されたい内容をおっしゃる場合があります。気持ちは分かりますが、そこは気持ちを抑えてください。まずは、お客様からサロンにご来店・お問い合わせして頂くことが大切です。目的とターゲット(若者・高齢者など)を決めて、記載するサービスを厳選してまずはご来店・お問い合わせて頂くチラシにしていきましょう。
強みのあるサービスで掴む! チラシで勝つための法則、折込チラシを作るなら、売り込むチラシより呼び込みチラシ。そこで欠かせないのが、 お客様を呼び込むための目玉サービス。「来店したい !」と思わせる特別なサービスや施術方法、価格設定などを、真っ先に目が行く場所に堂々と立たせてあげましょう。 思わず目がいく目玉サービスで、お客様の心をワシ掴むんです!
サロンがわかる写真を入れる! 人は見た目が9割。真偽のほどは別として、見た目が与える印象は、やはり何にも勝るもの。 良かれと載せた写真でも、暗くてボケた写真なら、反って逆宣伝というものです。 それぞれの写真の色や明るさはもちろん、全体の色合いやバランスを見ながら、角度や大きさにも工夫を凝らしましょう。
分かりやすい地図と期限を設ける! いよいよチラシ作りも大詰めです。 勝てるチラシでしっかりとお客様の心をつかんだ後は、サロンへまっすぐ誘導するのみ ! お客様がアクセスしやすいように、わかりやすい地図や営業時間を掲載します。また、キャンペーンの期間を明記するのもポイント。タイムリミットを伝えることで「はやくサロンに行かないと! 」と焦燥感を煽ります。
キャッチコピーで掴む! さぁ、勝つチラシの完成まであと1歩 ! パンチの効いたタイトルや魅せる写真で目を引いたなら・・・次はじっくり読んでもらいましょう ! 見た目は入り口、決め手は中身。 サロンの良さはもちろん、キャンペーン内容もお勧め。施術後のイメージを膨らませるキャッチコピーで、お客様の心をがっちりキャッチしちゃいましょう。

プロが教える

6つのPOINT

チラシのターゲットを絞る!
チラシを作り始める前に抑えておくべき重要ポイントは 【 ターゲット(目的内容) 】をハッキリ持つことです。「誰に何を、どんな風に訴えるのか」を明確にすることで、チラシのデザイン、方向性、メニューの選定の強弱など、チラシの軸が決めていきます。 ターゲットの年代層は? 価格訴求か、イベント訴求か ? 内容目的がはっきりしてこそ、まっすぐ届くはずは基礎をしっかり決めることです。
来てもらうチラシにする!
よくサロンチラシを作成するにあたり、サロンの全てをチラシに反映されたい内容をおっしゃる場合があります。気持ちは分かりますが、そこは気持ちを抑えてください。まずは、お客様からサロンにご来店・お問い合わせして頂くことが大切です。目的とターゲット(若者・高齢者など)を決めて、記載するサービスを厳選してまずはご来店・お問い合わせて頂くチラシにしていきましょう。
強みのあるサービスで掴む!
チラシで勝つための法則、折込チラシを作るなら、売り込むチラシより呼び込みチラシ。そこで欠かせないのが、 お客様を呼び込むための目玉サービス。「来店したい !」と思わせる特別なサービスや施術方法、価格設定などを、真っ先に目が行く場所に堂々と立たせてあげましょう。 思わず目がいく目玉サービスで、お客様の心をワシ掴むんです!
サロンがわかる写真を入れる!
人は見た目が9割。真偽のほどは別として、見た目が与える印象は、やはり何にも勝るもの。 良かれと載せた写真でも、暗くてボケた写真なら、反って逆宣伝というものです。 それぞれの写真の色や明るさはもちろん、全体の色合いやバランスを見ながら、角度や大きさにも工夫を凝らしましょう。
分かりやすい地図と期限を設ける!
いよいよチラシ作りも大詰めです。 勝てるチラシでしっかりとお客様の心をつかんだ後は、サロンへまっすぐ誘導するのみ ! お客様がアクセスしやすいように、わかりやすい地図や営業時間を掲載します。また、キャンペーンの期間を明記するのもポイント。タイムリミットを伝えることで「はやくサロンに行かないと! 」と焦燥感を煽ります。
キャッチコピーで掴む!
さぁ、勝つチラシの完成まであと1歩 ! パンチの効いたタイトルや魅せる写真で目を引いたなら・・・次はじっくり読んでもらいましょう ! 見た目は入り口、決め手は中身。 サロンの良さはもちろん、キャンペーン内容もお勧め。施術後のイメージを膨らませるキャッチコピーで、お客様の心をがっちりキャッチしちゃいましょう。

何となくで作っていては、チラシの勝率は上がりません。


チラシで勝ち続けるには、理論とこだわりと試行錯誤が必要なんです。

あらためて1つ1つを見てみると、実は基本的なことなんです。でもその1つ1つの目的を意識せずに「なんとなく」作るのと、意図をもって形作るのとでは 伝わる強さが違うんです。

チラシは作って終わりじゃない。作った後こそ重要である。

チラシで勝つための成功の極意、ご理解いただけましたか ?
①インパクトのある集客チラシで来店者数を引き上げたあとは
②購買心をくすぐるポップやイベントなどの店内プロモーションで売上を押し上げ、
③インターネットを駆使したクロスメディア販促で、継続的な固定客を獲得する !

多角的なTOTAL戦略があってこそ、チラシは活きるんです。

年間1,000件の確かな実績

制球力のある確かなチラシ作りで
集客・来客率UP!!

年間1,000件の確かな実績

制球力のある確かなチラシ作りで
集客・来客率UP!!

Copyright © HAKUMA Sales Promotion Gallery All Rights Reserved.